ヒアルロン美潤






トップページ » 40代後半から減少するヒアルロン酸はサプリメントで摂取する

40代後半から減少するヒアルロン酸はサプリメントで摂取する

 

ヒアルロン酸はムコ多糖の一種で、体内の関節部では潤滑油の働きをしています。関節液や関節軟骨に多く存在し、さまざまな働きをしています。保水力が高く、ヒアルロン酸1gに対して6リットルもの保水能力があります。

 

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は溶かすと無色透明で、ぬるぬるした粘性のある液体です。なぜヒアルロン酸と呼ばれるかというと、1934年に牛の硝子体(眼球)からヒアルロン酸が見つけられました。

 

硝子体をギリシア語でhyaloidということから、[hyaluronic acid]ヒアルロン酸と名づけられました。同じムコ多糖であるコンドロイチン硫酸とよく似た働きがあり、その特性を活かして化粧品や健康食品、また医薬品の原料として利用されています。

 

眼球に重要な働きと弾力性のある肌にも

 

ヒアルロン酸は身体のいたるところに存在しています。関節の他には特に目や皮膚において、細胞組織の構築細胞が胃液の水分調節、潤滑油などの働きをしています。

 

身体の中で最も水分を必要としているのが目です。眼球の裏にあるガラス体という部位が透明なゼリー状の組織で、ここにヒアルロン酸が多く含まれています。眼球の機能に重要な役割を果たしているのです。

 

皮膚では表皮の下の真皮にヒアルロン酸が多く含まれています。肌の乾燥を防ぎ、弾力性のある肌を維持しています。その他のヒアルロン酸は必要な栄養素を箇所に運ぶ働きがあるとされています。

 

ミネラル類・アミノ酸・ビタミン類といった栄養素は、活性酸素の除去や細胞の老化を防ぐ働きがあることから、ガン予防などにも作用していると言われています。

 

加齢とともに減少

ヒアルロン酸は胎児には多いですが、成長とともに減少していきます。 40歳後半から加齢とともに減少していくことが報告されています。女性のアンチエイジングにもヒアルロン酸は注目されている成分です。

 

弱点は熱に弱くて高分子であることです

加齢とともに肌のハリが無くなってきたり、関節の痛みが出てきたりする原因の一つは、体内でのヒアルロン酸の生成量が少なくなっているためです。ヒアルロン酸は動物性食品に含まれますが、肉の皮や骨、関節などの部位に多く含まれています。

 

ただ熱に大変弱く、高分子で吸収されにくいため、サプリメントなどの加工食品で摂取することをおすすめします。果たして、ヒアルロン酸サプリメントの効果は、どの程度見込めるのか気になります。

 

もともと分子が大きいとヒアルロン酸は腸で吸収されないという説もありますが、経口摂取を続けたことによって、皮膚の水分増加や膝関節の改善効果があったという報告があります。これにより、一定の効果は期待できると言えます。

 

ヒアルロン酸のサプリなら「ヒアルロン美潤」が人気です。

ヒアルロン美潤は低分子で高吸収型のヒアルロン酸サプリメントです。分子の大きいヒアルロン酸を吸収される大きさまで低分子化しています。内側からのケアで、ハリと潤いのある生活を送りたい方は、8日間の体質改善パックがあるので、気軽に試すことができます。

 

 

興味のある方はこちらの口コミ記事をご覧下さい。

若い頃の肌を取り戻すヒアルロン美潤

 

スポンサーリンク

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX