ラフマ配合サプリメント






トップページ » ラフマはストレスの緩和や精神を安定させる効果があります

ラフマはストレスの緩和や精神を安定させる効果があります

 

メンタルケアのハーブとして、欧米ではセントジョンズワートが有名でした。しかし近年の研究で、医薬品と一緒にセントジョンズワートを摂取すると、薬の効果が半減してしまうなどの相互作用が明らかになってきました。

 

そこで注目されたのが、ラフマです。ラフマはセントジョンズワートと構成成分が非常に似ているため、メンタルケアに効果があるのではないかと研究が始まりました。

 

その結果、医薬品との相互効果がなく、しかもその効果を上回る働きが明らかになってきました。ラフマ葉の抽出成分には強力な抗酸化作用があり、これがストレスの緩和に関わっているのではないかと考えられています。

 

ラフマとは?

ラフマは中国西部から北西部にかけて自生する植物で、キョウチクトウ科の多年生です。茎は直立し、葉は楕円形で少し細身の卵型をしています。ハーブの一種として知られており、中国では昔から葉の部分をお茶にして利用されてきました。

 

日本では、このラフマで作られたお茶をヤンロンティーと呼ぶこともあります。近年ラフマ茶の研究がすすめられており、ラフマ茶は中国では薬として認められるようになりました。ラフマの茎は繊維質に富んでいるため、織物にされることもあります。

 

ラフマには、血圧を下げる効果やコレステロールを下げる効果があると言われています。昔からラフマ茶をよく飲む地域では、病気の人が少ないと言われ、血圧を下げる以外にも精神安定や免疫力の向上など様々な効果があります。

 

ここではラフマの効果について、2つピックアップしました。

 

精神を安定

ラフマには心を落ち着かせる効果があります。ラフマ抽出物を用いた動物実験で、ラフマの抗うつ作用が示されています。ラットにラフマ抽出物を1日14日間投与し、抗うつ作用の検討を行ったところ、ラフマ抽出物は濃度依存的にうつ状態を抑えたということが分かっています。

 

また脳内のホルモンへの影響も調べられており、ラフマはノルアドレナリンに作用したセロトニンには影響を与えないことがわかっています。

 

生活習慣病の予防・改善効果

さらには、生活習慣病を予防する効果があります。ラフマにはケルセチンに変わるフラボノイドやカリウムが含まれているため、血圧が正常に保たれ、高血圧予防に効果があると言われているのです。

 

また、様々な試験において、血中セロトニン濃度の増加や、睡眠改善、GABAとの併用による高い抗不安(ストレス)効果などが報告されています。

 

その他にもラフマエキスについて、さまざまな研究が行われ、安全性とともに健康で元気な毎日のためによい結果が得られています。

 

 

ラフマを効率よく摂取するには?

ラフマは睡眠休息サポートサプリに配合されています。そこでおすすめのがルハナーブです。このルナハーブには、ラフマ葉エキスやその他の快眠成分が様々にバランスよく含まれていて、脳内のセロトンの生産性を高める働きがあります。

 

セロトニンは脳内でメラトニンと呼ばれる物質に変化して、眠りの作用があるとされています。眠りの質を作用するとされる、睡眠ホルモンをサポートするセロトニンを増やす働きをしてくれます。

 

つまりルナハーブはセロトニンを大量に生産しつつ、更に効率よく吸収するといった理想な設計です。快眠に最適なサイクルを形成できるサプリなのです!

 

睡眠休息サポートサプリは、ラフマエキスに加えてGABAを配合したサプリが多いです。食事と違って、1回で睡眠の質を高めるために必要な成分を摂ることができるので、不眠で悩んでいたりイライラしてしまう方は活用しましょう。

 

天然植物由来成分で副作用の心配は無く、睡眠薬のような寝起きの悪さも心配ありません。天然ハーブというと強い臭いがするのかと思いますが、全く気になりません。

 

ラフマを配合したサプリメントは2つあります

 

ぐっすり休みたいけど化学成分に頼らない休息ケアができるのがルナハーブです。
他の休息サプリと比較してみてもグッドナイト2700は圧倒的な配合量が凄いです!

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX