片頭痛に効くサプリメント






トップページ » 頭痛(片頭痛)にDHA・EPAサプリは効果がありますか?

片頭痛にはDHA・EPAサプリがおすすめ

 

誰でも一度は頭痛に悩まされた経験を持っているだろうと思います。女性の96%,男性の91%が一生のうち何らかの頭痛を経験しています。女性は片頭痛で悩む人が多いです。

 

片頭痛に悩まされている人は、DHA・EPAがおすすめです。血液をサラサラにする作用に優れています。

 

頭痛と片頭痛の違い・片頭痛の特徴

頭痛と片頭痛の違いは痛みの現れ方で判別されます。ズキンズキン、ドクンドクンと心臓の鼓動に合わせて痛みを感じたり、頭の片側だけが痛む、歩いたり姿勢を変えたりするだけで痛みが強くなることもあります。

 

仕事や家事、睡眠に支障をきたすほど強い痛みがあるのが片頭痛です。発生頻度は月に1,2回、人によっては週に1、2回起こる場合もあります。

 

これは人によって様々で、中には生活に支障をきたすレベルの痛みを感じる人もいます。痛み以外の症状を挙げると、痛みによる吐き気、嘔吐、光が眩しく感じる、音やニオイに敏感になることがあります。

 

片頭痛の主な原因は、頭部の血管の拡張です。気圧などの外的刺激、またはストレスや生活習慣による脳の血管拡張により、頭痛を感じるようです。

 

片頭痛には魚油(DHA・EPA)の栄養素が効く

もしもあなたが片頭痛に悩まされていたら、DHA・EPAの栄養素がおすすめです。血液をサラサラにする作用に優れています。血液がサラサラになり血の循環が良くなることで、結果的に軽減されることにつながります。

 

魚油はイワシやサバなどから抽出される脂肪油であり、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の栄養素を豊富に含んでいます。

 

EPAやDHAは、青身魚に多く含まれます。具体的には、サバ、マグロ、イワシ、ハマチ、ブリ、サンマなどに多く含まれています。

 

またウナギはDHA、EPA、ビタミンAなどをはじめとした各種栄養素に富んでおり、非常に栄養価の高い魚です。

 

DHA・EPAはオメガ3脂肪酸とも言われており、強い抗炎症作用と血管をしなやかにする働きもあります。そのため血管の拡張による片頭痛の痛みに非常に有効であると言われています。

 

ただDHA・EPAは体内で作ることができません。食品などで外部から摂取する必要があります。青魚を毎日の食事に意識して取り入れるようにしましょう。

 

食品から1日1,000㎎以上を摂取したほうがいいと言われています。食事だけでは必要量を摂ることが難しいようであれば、サプリメントを活用するといいでしょう。

 

サプリなら1日の摂取量を配合しているものがほとんどです。さっと水で飲むだけで、簡単に体の中に取り入れることができます。

 

即効性はありませんが毎日飲むことで、片頭痛の頻度を減らす効果も期待できます。ぜひ片頭痛対策はサプリから手軽に摂取しましょう。

 

スポンサーリンク

 

サプリ人気ランキング