冷え性改善方法






トップページ » 冷え性は血行不良が原因!冷え性サプリメントのおすすめは?

冷え性サプリ市販おすすめ

 

血行不良によって体の部位、とくに末端部分の手足が冷えやすくなることを冷え性といいます。冷えは病気ではなく体質といえるものです。

 

冷えは体温調節をつかさどっている自律神経の乱れによっておこります。自律神経が何らかの原因で乱れると必要以上に血管の収縮が起こり、血行が悪くなってしまうのです。

 

熱は主に筋肉で作られていますが、筋肉量が少ない人は熱の生産量が少ないため冷えやすいと言えます。男性より女性に冷え性の人が多いのはこのためです。

 

夏は本来冷え性の症状が弱まる季節ですが、エアコンの普及で室温と外気温の差が激しくなり、自律神経がさらに乱れやすくなります。またきつい下着も血行を悪くするため冷えの原因になります。

 

冷えを解消するには?

食事と運動両面からの対策が必要です。食事では冷たい飲み物はなるべく避け、火を通したメニューにします。

 

冷たいものを控える

夏が旬の食材、熱帯でとれる果物は体を冷やす傾向があります。摂りすぎに注意しましょう。冷えが気になる時は食べ方を工夫してください。

 

アイスなど冷たい食べ物、冷えた食事はなるべく控えるようにします。飲み物については甘く冷たいものは特に体を冷やすので注意しましょう。

 

寒冷な地方で取れる食材、冬が旬の野菜は体を温めてくれるので、積極的に摂ってください。しょうがやにんにく、ネギ、唐辛子など薬味は体を温めてくれますから、食事に取り入れると良いです。

 

運動面で気を付けること

毎日こまめに体を動かすことです。たとえば軽い筋トレを取り入れるなどすると筋肉量アップが期待できます。

 

階段を使うようにしてみるなど日常生活で体をいつもより動かす工夫をしてみて下さい。慣れてきたら軽いウォーキングなどを始めてみるのもいいですね。

 

ストレッチもおすすめです。冷えを感じたら手足の力を抜いて手首や足首をぶらぶらさせたり、手と足の指を意識的に動かしたり 指を挟んで10秒づつ刺激してみましょう。簡単に血行促進効果が得られます。

 

お腹を温める

重要な器官が集中している内臓が冷えると身体は内臓を温めようとします。血液は中心部であるお腹へ集中し手足の末端まで行き届かなくなります。

 

腹巻きやカイロなどで意識的にお腹を温め、体内の血液を偏りを防ぎましょう。

 

冷え対策におすすめのサプリメント

サプリメントでは血行を促すビタミンE、EPA、DHA、イチョウ葉エキスなどがおすすめです。エネルギーの生産効率を高めるビタミンB群、コエンザイムQ10も冷え対策に効果的です。

 

ビタミンE

体内の血行を良くするので手足の血行が良くなり冷え性の改善につながります。身体に老廃物をためにくくするので手足のむくみなどにも効果があります。血行が良くなると肌の新陳代謝も上がります。

 

ビタミンEは肌の潤いとハリを保ち、シミやそばかすの緩和にも効果があるといわれています。

 

ビタミンB群

ビタミンB1,B2はエネルギー代謝を活発にし、熱を効率的に生産できるようになります。ビタミンB5(パントテン酸)も自律神経の働きを助けるので冷えの解消に有効です。

 

マルチビタミン

肌の健康はビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどが互いに作用しあうことで保たれています。必要なビタミンを総合的に摂取できるのでおすすめです。

 

オメガ3系脂肪酸

青魚などに多く含まれる必須脂肪酸です。EPAやDHAが有名です。細胞の回復、再生の促進、血液をサラサラにする効果があるとされています。

 

乳酸菌

免疫細胞の7割は腸内に存在しています。免疫力アップのポイントは腸内環境を整えることです。乳酸菌、ビフィズス菌をサプリで摂ることで腸内の善玉菌を直接増やすことができます。

 

まとめ:冷え対策は血行不良を改善することから始める

冷え性は病気ではありませんが様々な体の不調の原因となります。将来的に病気を招いたり深刻な病気の予兆もあります。 これから少しずつ寒くなり益々体は冷えやすくなります。冷えの改善に向け、できることから始めてみて下さい。

 

サプリ人気ランキング