機能性表示食品・えんきん






トップページ » 手元のピント調節に役立つサプリ・えんきんを1袋試した感想

手元のピント調節に役立つサプリ・えんきんを1袋試した感想

 

小さな文字が苦手になったり夕方に違和感を感じたり…。多くの方が目の不快感を感じながらも年齢のせいと我慢しているのも現実です。ファンケルのえんきんは、目のサプリメントで日本初の機能性表示食品です。確かな力が臨床試験で実証されています。

 

そもそも機能性表示食品って?

 

販売事業者自らの責任で科学的根拠に基づいた機能性(特定の健康への効果)を表示した食品の事。特定保健用食品・栄養機能食品に続く第3の食品表示制度として注目されています。

 

えんきんの働きを分かりやすく案内できるようになりました。機能性表示食品として消費者庁に届けることで、体の部位に言及した表現が可能に。より納得して選べるようになりました。

 

えんきんの登録

ルテイン・アスタキサンチン、ジアニジン-3グルコシド・DHAが含まれるので、手元のピント調節機能を助けるとともに、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

 

 

近くが見えやすくなる秘密

ブルーベリーだけでは満足できない年代のために、ピント調節に嬉しい成分を厳選しました。体内効率を考えた複合配合で、毎日がくっきりと変わります。

 

北欧産のブルーベリー×黒大豆由来のアントシアニン

【シアニジン-3グルコシド2.3mg】

 

ほうれん草などに多く含まれるカロテノイド

【ルテイン10mg】

 

サケやイクラに含まれる赤色の天然色素

【アスタキサンチン4mg】

 

目に多く含まれる

【DHA50mg】

 

ファンケルのこだわり

サプリメントの質は成分の量だけでは計りしれません。大切なのはいかに無駄なく効率よく働くか。ファンケルは成分の性質や働きをしっかり見極め、素材の力が最大限に発揮された一粒をお届けしています。

 

えんきんを1袋飲んでみました

 

目のサプリで初めての機能性表示食品として注目のえんきん。無添加化粧品で有名なファンケルの製品ならば間違いないと思ったので、モニター使用させていただきました。

 

日頃パソコンやタブレットをよく使いますが、老眼というわけではありません。視力の低下や小さな文字が見えにくかったり、目のしょぼつきが気になっていました。

 

 

えんきんは食品なのでいつ摂ってもいいですが、食後に2粒飲みました。ソフトカプセルの形状なので飲みやすいです。飲んでいる時は、2週間を過ぎたあたりから目が楽になってきているのは感じていました。

 

サプリって、効いてるのかよくわかりにくいものだけど、飲み終えた途端に実感できるのもありますよね。まさにえんきんがそうでした。1袋飲み終えた後に再び訪れた目のショボつきかすみなど…。夕方頭が痛くなることがあるので、えんきんのサプリは改めて効果があると感じました。

 

目のサプリメントはいくつか試したことがありますが、最低でも2~3ヶ月は続けてみないと効果を感じにくいのも事実です。ブルーベリー、ルテイン、アスタキンサンチン、DHAなど、目に良い成分が的確に入っていることや、臨床試験で効果が証明されているということの安心感。定期にするとえんきんは2,000円を切る価格なので、続けてみても良いかなと思いました。

 

サプリメントの原材料と価格はこちらです

 

 

サプリメントの形状 ソフトカプセル
原材料 食用油脂、DHA含有精製魚油、アスタキサンチン含有ヘマトッカス藻エキス、黒大豆種皮エキス、ビルベリーエキス、加工でんぷん、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)、ミツロウ、ルテイン・ゼアキサンチン含有マリーゴールド色素、酒石酸、リン酸ナトリウム、酸化防止剤(ビタミンE)。【注意 アレルギー物質:大豆】
価格 お試し2週間分が通販限定特別価格で1,000円(税込み・送料無料)。さらに今なら、もれなく1袋ついてきます!

 

「試してみたいけど自分に合うか不安…」そんなあなたでも安心して試せるように、返品交換無期限保証がついています。

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX