きなり






トップページ » 世界が注目する新素材クリルオイルの効能とサプリメント

世界が注目する新素材クリルオイルの効能とサプリメント

クリルオイルにはオメガ3脂肪酸の一種であるDHA・EPA、抗酸化物質であるアスタキサンチンが豊富に含まれていて、生活習慣病の予防や脳の活性化、月経前症候群(PMS)の改善に効果があると言われています。世界が注目する新素材クリルオイルという成分の性質や効能とサプリメントについてご紹介します。

 

 

クリルオイルとは?

クリルオイルとは、南極オキアミから抽出される貴重な健康オイルのことをいいます。南極オキアミは小さな生き物で、その外見からエビと間違われますがプランクトンの仲間です。

 

もっとも大型で体調は5~6cm、体重は1~2gにまで成長します。クリルオイルにはEPA、DHAなどオメガ3脂肪酸やアスタキサンチン、リン脂質などの栄養がとても豊富で、吸収にも優れています。

 

クジラの巨大な体の源となるほどのパワーが、世界中から注目されているのです。オリンピック選手にもサプリメントとして採用されているほど人気の健康食品で、欧米を中心に美容健康に大きな人気が広がりはじめ、日本でも注目されています。

 

クリルオイルは赤い色をしていますが、これはアスタキサンチンが含まれているからです。アスタキサンチンは、トマトの色素リコピンと同じ色をした天然色素の仲間です。

 

クリルオイルの成分と性質

クリルオイルにはオメガ3系必須脂肪酸であるDHA・EPAを含むリン脂質や、海のカロテノイドと呼ばれるアスタキサンチンなどを含むため、高い健康増進機能が期待されています。

 

現代の食生活はオメガ3系(魚油、シソ油、亜麻仁油など)が圧倒的に不足していることが指摘されています。クリルオイルが注目されているのは、リン脂質結合型のオメガ3脂肪酸を含んでいるためです。

 

青魚などの魚油に含まれているEPA・EPAは、酸化されやすいという弱点があります。リン脂質は植物にも含まれていて、大豆レシチンが有名です。しかしこういった植物由来のリン脂質は、EPA・DHAなどは含まれていません。

 

クリルオイルは約40%がリン脂質です。EPA・DHAとリン脂質が結びついているので、これらの相乗効果で魚油タイプや植物由来リン脂質タイプとは異なる特徴を持っています。

 

脂質とリン脂質

先進国における現代の食事はリン脂質の含有が減少しており、食事から摂取している脂質のオメガ3脂肪酸はごくわずかしかない為、意識的に食事から摂取することが重要だと言われています。

 

クリルオイルに多量に含まれているリン脂質型オメガ3系不飽和脂肪酸のリン脂質は、細胞を構成する主要成分であり、細胞膜の機能で重要な役割を果たしています。

 

細胞膜や細胞内膜を経由する物質の輸送にもリン脂質が必須です。体の細胞、組織、器官の機能には、様々なリン脂質脂肪酸の働きにより成り立っているといえます。

 

クリルオイルには、オメガ3系脂肪酸の一種であるDHA・EPA、抗酸化物質のアスタキサンチンが豊富に含まれているため、多くの健康効果が期待できるということです。

 

クリルオイルの生活習慣病の予防・改善効果

クリルオイルに含まれる脂肪酸のDHAやEPAは、海中のような低温の環境でも固まることがありません。DHAには血管壁の細胞膜を柔らかくする働きがあるため、血流を改善する効果があります。

 

さらに、勢いよく血液が流れても血圧が高くなるのを防ぐ働きもあり、それと同時に赤血球の細胞膜も柔らかくなるため、血流が改善されて血液がサラサラの状態になります。

 

またDHAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きもあります。これらの働きにより血流を改善し動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を予防できると期待されています。

 

DHAとEPA、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンを含むクリルオイルには、生活習慣病を予防する働きがあるといえます。

 

女性特有の悩みを改善

女性の健康は女性ホルモンの影響を強く受けています。月経前になるとイライラしたり気分が落ち込んだり、肌トラブルや起こったりという体の不調を月経前症候群(PMS)といいます。

 

また40代後半から50代前半の閉経前後の10年ではほてりや発汗、不安感などの症状の更年期障害が起こります。これは年齢とともに卵巣の機能が衰えることでホルモンバランスが崩れるためです。

 

クリルオイルに含まれるリン脂質とDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が、イライラや気分の落ち込みなどのPMSの症状、火照りや不安感、イライラなどの更年期障害の緩和に役立つことが臨床試験で証明されています。クリルオイルは、生活習慣病を予防したい、月経前症候群、更年期障害に悩んでいる方におすすめです。

 

南極の恵み、クリルオイルには、オメガ3系健康油(DHA・EPA)、アスタキサンチン、リン質など美容健康エイジングケアに良い成分がたっぷりです。

 

クリルオイルの特徴をまとめると、

  • リン脂質とEPA・DHAが結びついている
  • 魚油よりも酸化されにくく安定している
  • リン脂質は体内の脂質と構造が似ているので吸収されやすい
  • 汚染の少ない南極オキアミから抽出するので安全性が高い

 

クリルオイルの摂取方法

クリルオイルの主な摂取方法はサプリメントです。サプリメントのきなりには、世界が注目の新素材 クリルオイルが原材料に含まれています。きちんと量を摂ることは大切ですが、酸化せずにそのままの状態で体に染み渡らせることができるか…。たどり着いたのは今までの魚油とは異なる真っ赤なオイルでした。

 

クリルオイルに含まれているDHA・EPAは、一般的な魚油と違って、フレッシュさを保ちやすい形状をしています。クリルオイルこそが、DHA・EPAの本来持つ力を損なうことなく体に届ける事ができるオイルなのです。繊細なDHA・EPAのパワーが損なわれることなく、フレッシュな状態で体に染み渡らせることができます。

 

 

きなりの原材料と価格はこちらです
サプリメントの形状 ソフトカプセル(1日4粒目安)
原材料 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、 ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、 オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
1日当たりの価格 初回66円、2回目以降136円
価格 特別モニター毎月お届けコース通常価格5,695円のところ、67%OFFで初回1,980円(送料無料・税込)。2回目以降は33%OFFで3,790円(税抜)。モニターコースは、いつでも休止・解約OKです。体に合わなかった場合、15日返金保証が付いています。

 

クリルオイルのDHA・EPAはリン脂質結合型なので、シンプルでスピーディーに小腸から吸収されます。だから、体に良いものをできるだけ壊すことなく体に届けます。

 

興味のある方はこちらの公式サイトをご覧下さい。

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX