サプリメントの疑問






トップページ » サプリメントの疑問!健康サプリの効果的な摂り方

サプリメントの疑問!健康サプリの効果的な摂り方

様々な状況でも効果が期待されているのが健康サプリメントです。その一方で、サプリ利用者の間では疑問を抱いている人も多いです。

 

たとえば、病院から出されている薬との飲み合わせは問題ないのか、いつ摂ればいいのか、などです。そこで、サプリメントの効果的な摂り方をご紹介します!

 

ベースサプリの必要性

そもそもサプリとは、人間の体に必要な栄養素を補うために凝縮して錠剤や飲料の形にしたものです。一般的には健康食品や栄養機能食品として販売されています。

 

ビタミンA、カルシウムなど単体のサプリがあれば眼精疲労の方に、貧血の方になど用途別のものもあります。ただ種類が多いとどれを選べばいいか迷ってしまう人も多いと思います。では、目が疲れている時はそれ用のサプリを飲めば効果が現れるのでしょうか?

 

特定の部位に対して効果が期待できる栄養を摂取することでその機能を回復するという方法は間違っていません。しかし、肝臓に良いとしてオルニチンだけを摂取する、目の疲れを癒すとしてブルーベリーのサプリだけを摂取しても効果が現れないのです。それではどうすればいいのでしょうか?

 

成分が効果を発揮するにはそれを活かす脇役である、ビタミンやミネラルなどの栄養素が必要なのです。これはベースサプリと呼ばれています。サプリはあくまで食品です。薬であれば単一成分だけでも効果を期待できるが、それとは違います。

 

このベースサプリの代表例は、マルチビタミンやマルチミネラルです。一つの錠剤に20種類以上のビタミンやミネラルが含まれているものもありますが、まずこれを摂取するべきです。

 

いきなり特定の効能をサプリに求めるのではなく、ベースサプリメントで身体のメンテナンスをしっかりした上で他のサプリを摂るのです。その際も、単一の栄養素を摂るよりは、免疫系や循環器系など栄養素が複合的に入っているものを選択しましょう。

 

マルチビタミンやマルチミネラルを飲みながら、肝臓が気になる方は肝機能アップや肝臓サポートなどと謳われている商品をセカンドサプリとして飲用しましょう。もちろん具体的な症状の改善を望む場合でも、単体の成分に頼らずに、幅広い栄養成分が配合されている商品が良さそうです。

 

まずは医薬品のマルチビタミンから

サプリを選ぶ際、まずは医薬品のマルチビタミンサプリがおすすめです。薬との飲み合わせの問題もあるので、必ずパッケージの裏に表示されている原材料や栄養成分を確認します。

 

グレープフルーツと降圧剤を併用すると血圧が下がり過ぎる危険があるのと同じで、食品であるサプリは種類によっては薬が効き過ぎたり効果を阻害したりするケースがあります。だからサプリを通販で購入する時は、原材料を確認しておきたいものです。

 

こうして買うべきサプリが決まったら価格です。安すぎるサプリは不安だし、高すぎると手が出せないものではないでしょうか。医薬品の栄養素の価格を考えると、30日分で2,000~6,000円が適正価格だとされています。

 

外国製と日本製

では輸入品と日本製のどちらがいいのでしょうか?外国製のサプリはその国で生活する人の食生活に合わせて作られたものです。日本人なら、やはり日本製のものが良いでしょう。

 

いつ効果が現れるの?

毎日きちんと飲むことでサプリの効果はいつ現れるのでしょうか。2週間で効果が現れたケースが最短と言われています。大体1か月で排便がスムーズになったとか、血液検査の結果が良くなったという話があります。

 

やってはいけないことは?

個人差やサプリの種類で異なりますが、効果が見えないからといって、やってはいけないのがサプリの過剰摂取です。基本的にはサプリは副作用が無くて、摂り過ぎても余分な物は排泄されますが、中にはそうはいかないものもあります。ビタミンB6やB12、葉酸を摂り過ぎるとがんのリスクが高まると言われています。

 

健康サプリメントの正しい飲み方を認識して、上手に利用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX