GABA(ギャバ)の効果






トップページ » ギャバはストレス緩和・リラックス効果を持つ成分

ギャバはストレス緩和・リラックス効果を持つ成分

 

ストレスや悩みの多い現代社会において、老若男女問わず、心の健康に悩む方が多くなっています。そんなあなたにおすすめなのがギャバ(GABA)という成分です。

 

脳の中にある神経伝達物質の一つで、ドーパミンやアドリナリンが気分を高めたり、興奮させる役割があるのに対し、GABAにはイライラや興奮を落ち着かせたり、不安やストレスに働きかけるなど、抑制する働きがあると言われています。

 

ストレス緩和・リラックス効果を持つ抗ストレス成分

 

ギャバは動植物等に広く存在するアミノ酸の一種です。正式名称は「γ-アミノ酪酸」といい、頭文字をとってギャバ(GABA)と呼ばれる抗ストレス成分です。

 

哺乳動物では、脳やせき髄など中枢神経系に多く存在し、抑制系の神経伝達物質の一つとして働き、興奮を鎮めたり、ストレスを緩和したり、リラックス効果をもたらす役割を果たします。しかし、ストレスや加齢により体内での生産量が減少していきます。

 

果物や玄米、チョコレートなどに含まれ、その中でも玄米には天然ギャバが多く含まれています。発芽することによってさらに増加し、その含有量は白米の数倍と言われています。

 

ギャバの作用 ⇒ 脳血流の活性化

ギャバには脳の血液をよくし、酵素の供給を助け、脳細胞の代謝を高める働きがあります。脳細胞は加齢とともに減少します。特に脳の記憶力がつかさどる海馬での減少が著しいことから、高齢者の記憶力低下やアルツハイマー型認知症との関連が示されています。

 

またギャバには高血圧にも良い作用があります。老廃物などを血液中から濾過し、尿として排泄する腎臓の働きを活発にすることで利尿作用を促し、血圧を低下させます。この作用は特定保健用食品としての機能として承認されています。

 

肝臓の働きを活発にしてアルコール代謝を促進させ、内臓機能を活発化して基礎代謝を高める一方で、血液中のコレステロール値や中性脂肪濃度を調整することから、肥満や糖尿病の予防、改善への効果も期待されています。

 

ギャバが不足すると…

脳内のギャバが不足するとイライラするのをはじめ、様々な体調不良を招き、大きな病気の引き金となってしまいます。睡眠中、特に深い眠りに入っている時に生成されるため、睡眠不足はギャバ不足になるとされていました。

 

では睡眠不足の人は皆ギャバ不足に陥ってしまうのかというと、近年では食べ物によってギャバを摂取しても脳内に到達することはないと言われてきました。

 

しかしギャバの研究が進み、最近になって食べ物によって摂ったギャバも脳へ届くことが、ようやくわかってきました。不足するギャバは食べ物やサプリメントから取れば良いのです。

 

強いストレスがかかり興奮気味になると、体が睡眠に入りにくくなります。GABAは興奮状態を抑え、睡眠に入りやすい環境を与えてくれます。

 

とりすぎには注意

ギャバの含有量が多いことで知られている発芽玄米ですが、100gあたり約10㎎のGABAが含まれていて、この量は白米の約10倍です。1日の必要量は10~20mg程度と言われており、大量摂取は不安を増強させ血圧を上昇させる可能性があるので、取り過ぎには注意が必要です。

 

またGABAは睡眠中に生成されるため不足している場合は、悪循環に陥らない為にも食事やサプリメントによる摂取が大切です。

 

ギャバが含まれているサプリメントは、どのようなものがあるのでしょうか?
そこで、休息サポートサプリを厳選しました。ルナハーブ、エイジング&リラックス、ネ・ムーンプラス、グッドナイト27000をご紹介します。

 

ぐっすり休みたいけど化学成分に頼らない休息ケアができるのがルナハーブです。
美容成分たっぷりで、休息も美容もどっちも欲しい女子のための休息サプリです。
天然の睡眠成分でぐっすり眠れて、レスベラトロールの若返り成分で素晴らしい目覚めが訪れます。
他の休息サプリメントと比較してみても圧倒的な配合量が凄いです!

 

スポンサーリンク

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX