不安やストレスで寝付けない時のサプリ






トップページ » バレリアンは不安やストレスで寝つけない時に即効性があります

バレリアンは不安やストレスで寝つけない時に即効性があります

 

バレリアンは中枢神経に対する鎮静効果を持ち、心地よい睡眠を促してくれるハーブです。古くはギリシャ時代から不安や緊張を遠ざけて、心と体に安らぎをもたらすハーブとして広く使われてきました。

 

不眠症、神経症治療にも用いられており、天然の精神安定剤として利用されています。数多くの研究がなされている現代でも、安全性の高いハーブとしてヨーロッパをはじめ、世界中で用いられています。

 

バレリアンの作用

バレリアンは、オミナエシ科カノコソウ属の多年生植物です。バレリアンの名はギリシャ語の「健康になる」を意味するValereに由来し、およそ150種類が世界中に存在しています。

 

ヨーロッパ原産で温暖な気候と森林な川岸の湿地を好み、高さ1.5mほどに成長します。夏にはピンクがかった白い花を密生した房状に咲かせます。根や茎が不眠症や精神高揚などに効果があるとして、薬草として用いられてきました。

 

バレリアンは根を乾燥させて薬用として使用しますが、強烈な臭いの元が吉草酸で有効成分とされています。日本には江戸時代に欄方薬として導入され、「かのこ草」とも呼ばれています。

 

睡眠を改善する効果あり

バレリアンには中枢神経を穏やかに抑制する働きがあることが確認されていて、不眠症や不規則な睡眠で悩んでいる方は特に効果があります。

 

脳内にはGABA(ギャバ)という神経伝達物質があり、この物質の働きの一つにイライラした状態を改善する精神安定剤があります。バレリアンの有効成分がGABAの代謝に関わり、精神安定作用と睡眠を改善する効果をもたらします。

 

バレリアンの効果は世界でも認められており、バレリアン抽出物を就寝1時間前に摂取したところ、睡眠の質や眠りにつくまでの時間が改善されたという報告もあります。

 

さらに、トリアゾラムなどの鎮静薬と比べても、目覚めたときの不快感が無いといったデータもあり、バレリアンを強力な鎮静薬・睡眠剤に代わるものとして承認している国もあります。実際にドイツでは、不眠症、精神不安への使用を承認しています。

 

バレリアンの効果まとめ

  • 不眠の解消、鎮静、ストレス緩和など
  • 気分を落ち着かせ、不安を減らす
  • 筋肉の緊張をほぐし、安静な気分にして眠りへ導く
  • 不眠の薬でよくあるような、翌朝目覚めたときの不快感はない

 

バレリアン摂取の注意点

バレリアンはサプリメントの摂取が一般的で、軽い不安やストレスで寝つけない場合は即効性があります。摂取量は300~400mgを目安とし、就寝1時間前に服用するとスムーズに眠りに入れます。

 

ただし、バルビタール系薬剤、抗うつ剤や抗不安剤と一緒に摂ると、効き目が強くなる恐れがあるため、避けた方がいいでしょう。日中のストレス緩和にも役立ちますが、その場合の摂取量は150~200mgです。

 

一般的には副作用はほとんどありませんが、摂り過ぎると頭痛、気分が落ち着かない、吐き気、翌朝ふらふらするなどの症状が起きることがあり、人によっては適量範囲内でも刺激が強い場合もあります。

 

また臭いが強いため、使用量には注意が必要です。妊婦や授乳中の方、お子さんは使用を控えるようにして下さい。

 

3ヶ月で眠りを改善するバレリアン配合サプリメント

 

「心地よく休みたい」「ゆったりした気分で過ごしたい」「プレッシャーが多く悩ましい…」原材料にバレリアンが含まれているサプリは、不眠症に効果が期待できるルハナーブがあります。不安やイライラを和らげたい方やストレスによる悩みを抱えた方にも良いでしょう。

 

植物由来の天然成分で穏やかに作用するため即効性は期待できませんが、最低でも3ヶ月以上は飲み続けられる意思の強い方、薬に頼らずに安心・安全に不眠症から抜け出したい方におすすめです。

 

すーっとぐっすり、翌朝すっきり、安らか気分の毎日をサポートします。

ルナハーブの詳細はこちら

 

スポンサーリンク

 

サプリ人気ランキング

 

関連記事

 



AX